医学部予備校メディセンス

合格体験記

少人数制を取り、面倒見の良いところに魅力を感じ入学しました。

東京女子医科大学医学部 合格 M・Yさん

思うように成績が伸びず思い悩んだ時期もありましたが、個性的な先生方と、同じ道を目指す仲間がいてくれたおかげで充実した日々を過ごせました。

厳しい受験を乗り切った今、どんな気持ですか。
医師になるためのスタート地点に立つことができ、とてもうれしく思います。
医学部を志望した動機を教えてください。
祖父の死と祖母の涙を見た経験から、私も患者さんとその家族のために役立ちたいと考え医学部を目指しました。
予備校を選ぶうえで、当校に決めた理由は何ですか。
浪人生活を始めた頃はどの科目も到底医学部に合格できないほどの成績だったため、少人数制を取り、面倒見の良いところに魅力を感じ入学しました。
当校での受験生生活はどうでしたか。
思うように成績が伸びず思い悩んだ時期もありましたが、個性的な先生方と、同じ道を目指す仲間がいてくれたおかげで充実した日々を過ごせました。
どんなスケジュールで勉強していましたか。
授業とその予習復習を中心にその日の計画を立て、特に苦手にするものに関しては先生方に課題をもらったり、自分で問題を解いていました。
講師の先生のサポートはどうでしたか。
先生方は皆、私が理解ししっかり身に付くまで指導してくださいました。また勉強のみならず、精神的にも支えて下さったのでつらく厳しい受験を乗り越えることができました。
ご両親、ご家族のサポートはどうでしたか。
地元を離れて受験勉強に専念したいという私の希望を受け入れ、最後まで応援してくれました。
将来の夢を教えてください。
ただ病気やケガを治すだけでなく、精神的にも支えることのできる医師になりたいです。
最後に受験生へのメッセージを頂けますか。
受験は決して楽なものではなく、私も途中で何度も諦めそうになりましたが、合格した今、最後まで頑張って良かったと心から実感し、受験生活で本当にたくさんのことを学びました。 思うように成績が上がらない時期でも自分を信じて勉強し続ければきっとうまくいくとおもいます。