医学部予備校メディセンス

合格体験記

メリハリをつけた勉強で現役合格できました

帝京大学医学部 合格 大井田 爽さん

理科が本当に間に合うか心配だったけど、先生方の指導のおかげで逆に得意科目になり合格のキーになりました。

厳しい受験を乗り切った今、どんな気持ですか。
現役で受かることができたんで、とてもうれしく達成感もありますね。
医学部を志望した動機を教えてください。
両親が医者で幼い頃から憧れていたので目指しました。
予備校を選ぶうえで、当校に決めた理由は何ですか。
面倒見がいいという評判を知りここの塾のホームページで確認して、実際に話を聞きに行ってみて、説得力を感じたのといろいろ厚遇してくれたので、ここに決めました。
当校での受験生生活はどうでしたか。
休むときは思いきって休む、勉強するときは徹底的に勉強するとメリハリをつけて頑張っていました。
どんなスケジュールで勉強していましたか。
現役生はやはり理科が(受験本番までに)間に合わないと聞いていたのでやはり毎日理科中心のスケジュールで勉強していましたね。
講師の先生のサポートはどうでしたか。
特に理科は本当に間に合うか心配だったけど、本多先生と垣本先生の指導のおかげで逆に得意科目になり合格のキーになりました。
ご両親、ご家族のサポートはどうでしたか。
おいしい食事や弁当を作ってもらったり、受験期苦しい時も声をかけてもらったりといろいろお世話になりました。
志望校合格のポイントは何だと思いますか。
気合いですね。医学部に受かるか受からないかなどはひとまず考えずに、この目の前にある問題を絶対に解くぞ!という気合いこそが最も大切だと思います。
将来の夢を教えてください。
まだはっきりは決まってないんですけど、将来は精神科医になろうと考えています。
最後に受験生へのメッセージを頂けますか。
たとえ今の成績が振るわなくても最後まであきらめないで、普段の勉強を続けることが大切なので頑張ってください!